中央区立特別養護老人ホームマイホームはるみ ショートステイ

サービス紹介

一日の流れ

受付

9:00~18:00

※365日営業

7:00

起床("Wake up")

ゆったりとした雰囲気の中で、利用者様のリズムに合わせて起床の時間を調整しています。個別のニーズに合わせたスケジュールを検討し、朝の支度をゆったりとしたペースで進めています。ご入居者のリラックスした時間を大切にし、心地よい朝を迎えていただけるよう努めています。

8:00

朝食(breakfast)

美味しさと栄養バランスを兼ね備えた朝食は、朝の活力を最大限に引き出す一品です。新鮮な野菜と季節のフルーツが彩りを添えたヘルシーなサラダや、ふわふわのスクランブルエッグ、香り高いコーヒーなどが楽しめます。さらに、食物繊維やタンパク質を多く含んだ入手しやすい食材を使用し、健康をサポートします。食欲をそそる見た目と、おいしい香りに包まれながら食べる朝食は、一日の始まりを幸せな気持ちで迎えることができます。

10:00

アクティビティ(午前)

【活動例】 塗り絵は、手先の動きを鍛えたり、思考力や集中力を高めたりする効果があります。さらに作成後は達成感を感じ、掲示することができるため、心のリフレッシュやコミュニケーションの促進にも役立ちます。

11:00

面会・外出

面会は、ご入居者とご家族が心を通わせる貴重な時間です。面会では笑顔で元気な姿を見せることで、ご入居者は身体的・精神的な支えを感じることができます。また、ご家族との面会は、ご入居者にとって外部とのつながりを感じることができ、孤独感を軽減する効果もあります。
外出も生活の楽しみの一つです。外出することで、ご入居者は日常生活から離れ、新しい刺激を受けることができます。お出かけ先では、自然や美しい景色に触れることができたり、美味しい食事を楽しむことができます。外出を通じて、入居者は心身のリフレッシュや自己肯定感の向上を感じることができます。

12:00

昼食(Lunch)

ご入居者の皆様が毎日の食事を楽しみにされるよう、工夫を凝らした満足感のあるメニューを提供しています。栄養バランスに配慮した料理や美味しい味付け、見た目にもこだわった盛り付けなど、心地よい食事の時間を提供できるよう努めております。皆様の健康と幸せのため、美味しさを追求した食事をご提供いたします。

14:00

ボランティアの皆様とアクティビティ活動

ボランティアの皆さんは、日中の活動やイベントの手伝いだけではなく、ご入居者の方々との交流を通じて心のサポートをしてくれます。毎週訪れてくれるボランティアの方々は、ご入居者の方々とのコミュニケーションをとることで、元気をもらったり、楽しいひとときを過ごせたりします。

18:00

夕食(Dinner)

夕食は、栄養バランスの取れた一日の疲れを癒すメニューです。新鮮な野菜と旬の食材を使い、素材の味を活かし、自家製のソースや調味料で味付けされています。

お食事について

主食について

普通のご飯の他に、軟飯、全粥をご用意しております。
軟飯は、普通のご飯と全粥の中間の硬さです。
また、朝食にパン食をご希望の方には食パン(8枚切り)を提供させていただきます。
毎朝ご飯食をご希望の方には、ご飯を提供させていただきます。

おかずについて

  • 常食:一般の高齢者向けに軟らかく、食べやすい大きさにしてあります。
  • 一口大:2~3cm程度にカットしてあります。
  • 刻み:お魚を食べやすいように小骨と皮をはずし、ほぐしてあります。

これ以外に細かな対応をご希望の方は、栄養士までご相談ください。

職員体制

事業所責任者(施設長) 1名
副施設長 1名
介護支援専門員 2名
生活相談員 2名
機能訓練指導員 2名(理学療法士・言語聴覚士)
管理栄養士 1名
介護職 33名以上
看護師 4名以上
医師 1名

献立表

2024.01.23

2024年2月献立表

2024.02.29

2024年3月献立表