港区立特別養護老人ホーム白金の森 ショートステイ

short stay

ご利用案内

ご利用の流れ

定員 8名
入所対象者 介護保険で要介護認定を受けた要支援1・2、要介護1から5の人

※要相談:日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

1

施設見学

施設見学をご希望される方は、事前に施設へご連絡下さい。
ご連絡先:03-3449‐9611
担当:生活相談員

2

利用申し込み

ショートステイ入所について、ケアマネジャーと申込についてご相談下さい。
利用希望月の2か月前の1日(土曜日は翌々日、日曜日・祝日は翌日)の午前9時から午後3時までの間、ご利用者担当のケアマネジャーからファックスで受け付けをしています。
※介護保険法による、サービスに要する費用及び食費・滞在費を負担していただきます。

3

利用開始

ご利用者の個別ニーズに応じたケアプランが作成され、職員ががサービスを提供します。例えば、食事の提供、入浴のサポート、レクリエーション活動などが含まれます。

ショートステイでの生活

ご利用中の様子について、ホームページ上でも公開しております。その他、お気軽にお問い合わせくださいませ。ご利用中の様子について、ホームページ上でも公開しております。その他、お気軽にお問い合わせくださいませ。ご利用中の様子について、ホームページ上でも公開しております。その他、お気軽にお問い合わせくださいませ。ご利用中の様子について、ホームページ上でも公開しております。

介護保険制度とは

介護保険制度は、平成12年4月からスタートしました。皆様がお住まいの市区町村(保険者といいます。)が制度を運営しています。

私たちは40歳になると、被保険者として介護保険に加入します。
65歳以上の方は、市区町村(保険者)が実施する要介護認定において介護が必要と認定された場合、いつでもサービスを受けることができます。

平成27年4月からは介護保険の予防給付(要支援の方に対するサービス)のうち介護予防訪問介護と介護予防通所介護が介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」という。)に移行され、市町村の事業として実施されています。

資料:厚生労働省「介護保険とは」