2024.03.19

  • 活動報告

【霧が丘包括】最後の子育てサロン

20年活動を続けてきた子育てサロンが終了となるとのことで

最後の活動に参加させていただきました。

子育てサロンは子育て中のお母さんの孤立をなくそうと

最初は民生委員児童委員のみなさんが中心となり始めた活動です。

ケアプラザがなかった頃は霧が丘第一小学校の空き教室で行っていたそうです。

以前は本当に多くの親子が参加していたそうですが

最近は子どもも少なくなり、

ニーズも減ったことから終わらせることになりました。

以前はボランティアの皆さんがこどもたちを抱っこし、

こどもから離れたお母さんたちがお茶を飲みながらおしゃべりをされていて

地域でこどもを育てるという感じが、とてもいいなぁと感じていました。

最後のお楽しみは、ボランティアの方が日舞を披露してくれました。

こどもたちにも楽しんでほしいとのことで、桃太郎をされたそうです。

私は残念ながら間に合わなく、拝見することが出来ませんでした。

こどもたちが踊りを見るのかしらと他のボランティアさんは思ったそうですが

心配は及ばず、真剣に見ていたとのことでした。

その後は自由遊び。

月に一度、このようなこどもとボランティアさんとのふれあいの姿を

ここでは見られなくなるのかと思うと寂しいです。

子育てサロンさんではいつも最後にとなりのととろの『さんぽ』を歌って踊ります。

これが最後のダンスです。

終わりの時間が近づいたとき

子育てサロンに以前に来て卒業した小学生のこどもたちが

おかあさんといっしょにお花やお手紙を持ってきてくれました。

とても素敵なサプライズ!皆さんとても喜ばれていました。

地域に根付いた活動が無くなってしまうのはとても寂しいですが

この活動に参加していたこどもたちが

これから地域を大切にしてくれたらと思います。

(M.K)

一覧へ戻る