2024.05.13

  • お知らせ

【久末居宅】ケアプランデータ連携システム

久末居宅介護支援センターにおきましては、このたびケアプランデータ連携システムの利用を開始いたしました。

出典:ケアプランデータ連携システム ヘルプデスクサポートサイト

ケアプランデータ連携システムの説明は以下となります。

 介護人材の確保が喫緊の課題とされる中で、介護現場の負担軽減や職場環境の改善は重要で

あり、厚生労働省において様々な取組が行われてきています。

そういった取組の一環として、厚生労働省において、令和元年度に調査研究事業を実施し、居宅

介護支援事業所と介護サービス事業所の間で毎月やり取りされるケアプランのうち、サービス提供票

(予定・実績)をデータ連携するための標準仕様を作成し、公開しました。標準仕様を活用して

データ連携をすることで、介護事業所の文書作成に要する負担が大幅に軽減されることが期待され

ています。

さらに、調査研究結果を踏まえ、安全な環境で効果的にデータ連携を可能とするため、「ケアプラン

データ連携システム」の構築を行うこととし、令和2年度より調整を進めてきました。このシステムの構

築・運用は、厚生労働省からの依頼により、国民健康保険中央会が行うことになりました。

 システムを活用することで、業務の効率化・費用削減効果が見込まれております。

まだまだ取り入れている事業所が少ないのが悩みではありますが…システムが多く活用されることによって、みなさまにもいい波及効果があればと思っております。

一覧へ戻る

カテゴリ
年月で絞り込む
過去の活動報告
(アーカイブ)