2024.03.02

  • ショートステイ

自ら描く明日の味

普段は職員がする献立作りを、今日は利用者の手に委ねました。明日の朝食が何か知りたかった利用者が、自分で献立をホワイトボードに書き込んだのです。

これは、利用者が自分のことを自分で決める大切さを実感する瞬間であり、私たちもそのサポートを喜んで行っています。

その方が献立を一生懸命に書いている姿があります。

こんなふうに、奉優の家では、利用者の自立を助け、毎日を少しでも楽しくするための努力を続けています。

ショートステイ アン

一覧へ戻る